水没したiphoneの注意点

予期せぬトラブルやちょっとした不注意など様々な原因でiphoneを水没させてしまったなら、すぐに水の中から取り出す事が肝心です。言うまでもなく、水の中に放り込んだままにしていたら故障の原因になるからです。

防水加工されているiphoneでも同じ事が言えますが、この時、まず確かめなくてはならない事があります。

それは水没したiphoneの画面が黒くなって電源が消えているかどうかです。

消えていた場合はすぐに電源を入れないでそのままにし、消えていない場合はすぐに電源を消すようにしてなくてはなりません。

水没直後のiphoneの内部には水が浸水している可能性があります。

たとえ動作に問題がなくても、浸水した水が電源部分をショートさせてしまうリスクがあり、そうなったら最後、データの損傷はもちろん、本体の修復が不可能になってもおかしくはありません。

こうした最悪なケースを避けるためにも電源は消さなくてはならないのです。

電源を消したら本体を濡らしている水を拭き取ります。
この時の注意点は出来る範囲の水分を拭き取る事です。内部の水を拭き取ろうとしてカバーを開けるような無茶は故障の原因になるのでしない事をおすすめします。

その後の行動は復旧が出来る業者への修理の依頼です。

水没したiphoneの状態はサービスを行っている業者にしか分かりません。

水は浸透と腐食の性質を持っているため、放っておけば思わぬ事態を招く恐れやデータが消えてしまう可能性もあります。

つまり水没した事で発生するリスクを防ぐには業者への修復依頼が一番効率的な方法だというわけです。

ただし気を付けなければならない事があります。
それは修復を依頼しても交換できるパーツがなかったり修復自体が不可能だったりする場合です。

そもそも水没した時点でiphoneは深刻なダメージを受けているので仕方がありませんが、そうなった場合は買取や新しいiphoneの購入を考えておく事を推奨します。

iphone修理 三宮