交通事故の過失割合の考え方

交通事故の過失割合は交通事故を起こしたときに、
交通事故を起こした加害者と交通事故によって被害をこうむった被害者との間にある支払い義務の金銭割合を決めるものです。

交通事故の過失割合はどんな形であれ歩行者が最優先とされ、
必ず交通事故の割合は10:0が原則です。

しかし交通事故の内容によっては10:0の原則に当てはまらない場合もあり、もちろん加害者のほうが割合は大きいですが9:1の形で加害者にも金銭割合を受けることもあります。

この交通事故の過失割合で10:0と9:1の違いとは、
やはり加害者にも非がある場合です。
10:0の一例としては車同士の追突の場合では加害者側の不注意による追突やセンターラインオーバーそして信号無視で、自動車と歩行者の場合では青信号での飛び出しや横断歩道での減速せずの追突そして歩道に乗り上げての事故が該当します。

9:1の場合は信号無視と青信号での飛び出しは論外ですが、それ以外での事故においての証明力の観点です。

そのほかの事故が明らかに加害者が悪いことを証明するためには、その事故の原因が明らかに加害者側が悪いと判断できる材料がなくてはならないです。

それは事故の原因が明らかに加害者にあるのに、事故の負担を減らしたいという観点からお互いの事故の状況を折半できるように記憶を改ざんすることがあるからです。

そのため見た目でわかる状況ではない場合には、その事故の原因を第3者の証言やドライブレコーダーでの事故の状況がわかる物が必要になります。

しかしドライブレコーダーや第3者の意見があっても、その事故が加害者側だけの物なのかを実証が難しい場合も当然起こります。

この事故の原因が明らかに加害者にあるのか判別できない時には、納得できないと思われますが被害者側も車の修理費用など一割分を支払う義務があります。

そのため負担金をできるだけ落とすために、必ず警察だけでなく保険会社と弁護士を通して話し合うことが大事です。