レーザープリンターでよくあるトラブル

レーザープリンターでよくあるトラブルが紙詰まりと印字のかすれです。
コピー用紙が気候や保管状況によって湿気を含んでいると、シワができるので紙詰まりを起こしやすいです。
梅雨時期は湿度が高いので乾燥剤と一緒に保管しておきます。

ただし乾燥させすぎても静電気を帯びて、プリンター内部のローラーにくっ付き詰まらせてしまうことがあります。

コピー用紙は湿度を適度に調整して保管したり静電気を除去する道具を使ってからセットしたりします。

ローラーが汚れていても紙詰まりは起こります。
ローラーの汚れは摩擦力の低下を引き起こし、コピー用紙をスムーズに送れなくなります。

定期的にエアダスターでローラーを掃除して予防します。

プリンターで設定したサイズと実際にセットしたコピー用紙のサイズが異なっている時も紙詰まりを起こしやすくなるので、設定を合わせるのも基本です。

印字のかすれはトナーやカートリッジが原因であることが多いです。

レーザープリンターはインクジェットプリンターと比較してトナーと使うという違いがあるので、不具合が起きた時にトナーを確認してみると良いです。
トナーはカートリッジの中で偏ってしまうと、一部分しか印刷できない不具合が起こります。プリンターからトナーを出して軽く振ると、トナー粉が均一になり改善します。

2成分トナーの場合は振ることが禁止されているので注意します。
設定によってはトナーセーブモードが適用されています。

これを設定しているとトナー粉を少ししか使わないので、十分な印刷ができないことがあります。

トナーセーブモードを解除したり濃度調節をしたりすれば色をはっきり出せるようになります。
トナーを確認しても改善しない時は、LEDヘッドをクリーニングします。

LEDヘッドの汚れは印字のかすれや筋が入った印刷となって現れます。
定期的なメンテナンスで印字のかすれは予防できますが、トナーカートリッジやドラムユニットの経年劣化が原因の時は部品を交換するしかありません。

リサイクルトナーのプラスワン

水没したiphoneの注意点

予期せぬトラブルやちょっとした不注意など様々な原因でiphoneを水没させてしまったなら、すぐに水の中から取り出す事が肝心です。言うまでもなく、水の中に放り込んだままにしていたら故障の原因になるからです。

防水加工されているiphoneでも同じ事が言えますが、この時、まず確かめなくてはならない事があります。

それは水没したiphoneの画面が黒くなって電源が消えているかどうかです。

消えていた場合はすぐに電源を入れないでそのままにし、消えていない場合はすぐに電源を消すようにしてなくてはなりません。

水没直後のiphoneの内部には水が浸水している可能性があります。

たとえ動作に問題がなくても、浸水した水が電源部分をショートさせてしまうリスクがあり、そうなったら最後、データの損傷はもちろん、本体の修復が不可能になってもおかしくはありません。

こうした最悪なケースを避けるためにも電源は消さなくてはならないのです。

電源を消したら本体を濡らしている水を拭き取ります。
この時の注意点は出来る範囲の水分を拭き取る事です。内部の水を拭き取ろうとしてカバーを開けるような無茶は故障の原因になるのでしない事をおすすめします。

その後の行動は復旧が出来る業者への修理の依頼です。

水没したiphoneの状態はサービスを行っている業者にしか分かりません。

水は浸透と腐食の性質を持っているため、放っておけば思わぬ事態を招く恐れやデータが消えてしまう可能性もあります。

つまり水没した事で発生するリスクを防ぐには業者への修復依頼が一番効率的な方法だというわけです。

ただし気を付けなければならない事があります。
それは修復を依頼しても交換できるパーツがなかったり修復自体が不可能だったりする場合です。

そもそも水没した時点でiphoneは深刻なダメージを受けているので仕方がありませんが、そうなった場合は買取や新しいiphoneの購入を考えておく事を推奨します。

iphone修理 三宮

交通事故の過失割合の考え方

交通事故の過失割合は交通事故を起こしたときに、
交通事故を起こした加害者と交通事故によって被害をこうむった被害者との間にある支払い義務の金銭割合を決めるものです。

交通事故の過失割合はどんな形であれ歩行者が最優先とされ、
必ず交通事故の割合は10:0が原則です。

しかし交通事故の内容によっては10:0の原則に当てはまらない場合もあり、もちろん加害者のほうが割合は大きいですが9:1の形で加害者にも金銭割合を受けることもあります。

この交通事故の過失割合で10:0と9:1の違いとは、
やはり加害者にも非がある場合です。
10:0の一例としては車同士の追突の場合では加害者側の不注意による追突やセンターラインオーバーそして信号無視で、自動車と歩行者の場合では青信号での飛び出しや横断歩道での減速せずの追突そして歩道に乗り上げての事故が該当します。

9:1の場合は信号無視と青信号での飛び出しは論外ですが、それ以外での事故においての証明力の観点です。

そのほかの事故が明らかに加害者が悪いことを証明するためには、その事故の原因が明らかに加害者側が悪いと判断できる材料がなくてはならないです。

それは事故の原因が明らかに加害者にあるのに、事故の負担を減らしたいという観点からお互いの事故の状況を折半できるように記憶を改ざんすることがあるからです。

そのため見た目でわかる状況ではない場合には、その事故の原因を第3者の証言やドライブレコーダーでの事故の状況がわかる物が必要になります。

しかしドライブレコーダーや第3者の意見があっても、その事故が加害者側だけの物なのかを実証が難しい場合も当然起こります。

この事故の原因が明らかに加害者にあるのか判別できない時には、納得できないと思われますが被害者側も車の修理費用など一割分を支払う義務があります。

そのため負担金をできるだけ落とすために、必ず警察だけでなく保険会社と弁護士を通して話し合うことが大事です。